スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログについて【方針、記事の見方】

ゲームを作る様子を紹介しつつ、
チュートリアル記事素材配布を行う(予定の)ブログです。

このページ(自己紹介と制作物一覧)を見ると、どんなものを作っている人かわかります。

「方針 ・ このブログの目的」「記事の見かた」については、続きから。

スポンサーサイト

ブログ引っ越しのお知らせ

独自ドメインを取得したので、ブログを引っ越しました。

新ブログ「Noseamsブログ

今後とも、Noseamsをよろしくお願いします。

立体スネークゲーム『>>>X』公開

立体スネークゲーム『>>>X』のandroid版をリリースしました。
ぶつかったらアウトの回避アクションです。

以前はFLYFISHというタイトルで作っていましたが、タイトル変更。
旧タイトル:『FLYFISH
新タイトル:『>>>X』


--ゲーム内容--

プレイヤーは自動で前に進んでいく。
動きたい方向に画面を指でなぞって、障害物をよけよう!

○メニュー画面
ss05-2.jpg

ここでゲームモードを選択。
モードは全部で三つ。


○Endless(エンドレス)モード
スコア(=生き残った時間)を競うモード。
ss01.png


○Ring(リング)モード
3つの輪っか(リング)をくぐればクリア。ステージ形式。

動きまわるパネルに囲まれた部屋や、
ss02.png

回転する丸太(?)のステージなど、妨害ギミック多数。
ss03.jpg


○VSCPUモード
コンピュータ(AI)とバトル
ss07.jpg
生き残った時間や、くぐったリングの数でスコアを争う。


画像だとイメージしづらいので動画↓



ストアのダウンロードページ↓
立体スネークゲーム『>>>X』


----------------------------

今後は、
・ブログでこのゲームの作り方についての解説を追加
・このゲームにも使ったテクスチャーと音声素材の配布サイトを開設
・新作のゲーム制作(詳細未定、作りたいもの多数)
などを予定してます。

ちなみに、「新作(1)」イメージ画↓
20170507-164418_連立02-6-1
画面手前にいる主人公が、廃墟を探索するゲームになる予定。
(大別すると脱出ゲーム的なシステムになりそう)

Tag:Unity FLYFISH

【playmaker】サウンドのオン/オフ

playmakerでの音実装について。
既にplaymakerの基本を知っている人向けの内容。

■実装したもの
・ボタンをタップして、サウンドのオン/オフ切替
・シーン遷移や、アプリを立ち上げなおしでも状態を保持

メニュー01
(右上のボタン)


■実装方法
playmakerで設定。
計5個の状態遷移で作成。

1、今オンかオフかの判定
音実装05
「se_onoff_01」というグローバル変数を作っておく。
最初にその変数をロードしてくる。
それが0ならオン、1ならオフの状態に遷移。


2、オンになったとき
音実装02
○アクション内容(上から順に)
・タップされた時、「tap」のイベントで「アニメーション」の状態に遷移
・2DTKでsprite画像を、白いbuttonに変更
・iTweenで、ボタンサイズをリセット(x1に戻す)
・音量を「1」に設定(音が出る状態)


3、オンの状態でタップされたとき
メニュー03
○アクション内容(上から順に)
・iTweenで一瞬縮小
・グローバル変数を「1」に設定
・グローバル変数を「playerprefs」にセーブ


4、オフになったとき
音実装03
○アクション内容(上から順に)
・2DTKでsprite画像を、黒いbuttonに変更
・タップされた時、「tap」のイベントで「アニメーション」の状態に遷移
・iTweenで、ボタンサイズをリセット(x1に戻す)
・音量を「0」に設定(音が出ない状態)


4、オフの状態でタップされたとき
音実装04
○アクション内容(上から順に)
・iTweenで一瞬縮小
・グローバル変数を「0」に設定
・音量を「1」に設定
・グローバル変数を「playerprefs」にセーブ


Tag:Unity Playmaker EasyTouch iTween FLYFISH サウンド

【効果音作成】リアリティと量産性重視

今回は短時間でオリジナルの音声素材を作る方法。

○手順
・リアルで音を鳴らす
・適当なレコーダー(今回はDR-07MKII)で録音
・Adobe Audition(音声加工ソフト)で加工
(1個あたり1分未満で作成)


○作成した音サンプル(脱出ゲーム向け)
効果音_引き出しを閉める
効果音_鍵をテーブルに置く音
効果音_スプレー
効果音_水(エフェクト)
環境音_雨音(短い)


作成までの流れ

■録音

・DR-07MKIIを起動
レコーダー01


・recordボタンを一回押して、レコードモード(?)に入る
レコーダー02


・イヤホンで音を確認しながら、左右のボタンで入力レベルを調整
レコーダー03

・もう一回recordボタンを押すと録音開始、終わったら停止ボタン


■加工

・レコーダー(DR-07MKII)をUSBでつないでファイルをPCにコピー

・Adobe Auditionでファイルを開く
AdobeAudition_01_読み込み
↑ドラッグアンドドロップ

AdobeAudition_01-2_読み込み02
↑表示された


・音量を調整
AdobeAudition_02_音量を調整01
↑エフェクト、振れ幅と圧縮、振れ幅

AdobeAudition_03_音量を調整02
↑数値を調整、音を大きくした
(そのままだと音が小さかった)

・不要な部分をカット
いらないところを削除_01
↑選択してdeleteキーを押すだけ


・ノイズが気になったら、ノイズリダクションを使う
AdobeAudition_06_ノイズリダクション01
↑エフェクト、ノイズリダクション/リストア、ノイズリダクション(プロセス)

AdobeAudition_07_ノイズリダクション02
↑ノイズプリントをキャプチャ

AdobeAudition_08_ノイズリダクション03
↑適当にパラメータをいじる


・派手にしたいときはエフェクトをかける
AdobeAudition_09_エフェクト02
↑例として エフェクト、リバーブ、コンボリューションリバーブ

AdobeAudition_09_エフェクト01
↑リバーブがかかるとホラーっぽい感じになる
 ピッチ調整で低い音にするとさらにホラーに

以上。


デメリット

・普通に金が掛かる。コストパフォーマンス度外視
フリーのソフトや音声素材も、探せばいくらでも見つかる。

・外でレコーダーを使っていると不審者扱いされる可能性がある
スタンガンのようなものを持った男がうろついている事案。
(「スタンガンじゃなくてレコーダーです」と弁明しても尚更怪しまれそう)


メリット

・自分がイメージした通りの効果音を短時間で量産できる
リアルで出せる音なら何でも作れるメリットは大きい。
(フリーのソフトや素材ではイメージに合わないことも多かった)

・音の鳴らし方や加工の仕方を工夫すれば、オリジナリティのある素材が作れる
身近に面白い音が鳴るものがないか探し回る癖がついた。

・風や雨の音など、長めの環境音にも使える
うまく調整すればループする環境音も簡単に作成できる。

・利用規約などを気にしなくていい
オリジナル素材は気楽。


その他

作成した効果音はフリー素材として配布予定。
(配布サイト作成中)

Tag:ゲームの作り方 Audition サウンド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。