【効果音作成】リアリティと量産性重視

今回は短時間でオリジナルの音声素材を作る方法。

○手順
・リアルで音を鳴らす
・適当なレコーダー(今回はDR-07MKII)で録音
・Adobe Audition(音声加工ソフト)で加工
(1個あたり1分未満で作成)


○作成した音サンプル(脱出ゲーム向け)
効果音_引き出しを閉める
効果音_鍵をテーブルに置く音
効果音_スプレー
効果音_水(エフェクト)
環境音_雨音(短い)


作成までの流れ

■録音

・DR-07MKIIを起動
レコーダー01


・recordボタンを一回押して、レコードモード(?)に入る
レコーダー02


・イヤホンで音を確認しながら、左右のボタンで入力レベルを調整
レコーダー03

・もう一回recordボタンを押すと録音開始、終わったら停止ボタン


■加工

・レコーダー(DR-07MKII)をUSBでつないでファイルをPCにコピー

・Adobe Auditionでファイルを開く
AdobeAudition_01_読み込み
↑ドラッグアンドドロップ

AdobeAudition_01-2_読み込み02
↑表示された


・音量を調整
AdobeAudition_02_音量を調整01
↑エフェクト、振れ幅と圧縮、振れ幅

AdobeAudition_03_音量を調整02
↑数値を調整、音を大きくした
(そのままだと音が小さかった)

・不要な部分をカット
いらないところを削除_01
↑選択してdeleteキーを押すだけ


・ノイズが気になったら、ノイズリダクションを使う
AdobeAudition_06_ノイズリダクション01
↑エフェクト、ノイズリダクション/リストア、ノイズリダクション(プロセス)

AdobeAudition_07_ノイズリダクション02
↑ノイズプリントをキャプチャ

AdobeAudition_08_ノイズリダクション03
↑適当にパラメータをいじる


・派手にしたいときはエフェクトをかける
AdobeAudition_09_エフェクト02
↑例として エフェクト、リバーブ、コンボリューションリバーブ

AdobeAudition_09_エフェクト01
↑リバーブがかかるとホラーっぽい感じになる
 ピッチ調整で低い音にするとさらにホラーに

以上。


デメリット

・普通に金が掛かる。コストパフォーマンス度外視
フリーのソフトや音声素材も、探せばいくらでも見つかる。

・外でレコーダーを使っていると不審者扱いされる可能性がある
スタンガンのようなものを持った男がうろついている事案。
(「スタンガンじゃなくてレコーダーです」と弁明しても尚更怪しまれそう)


メリット

・自分がイメージした通りの効果音を短時間で量産できる
リアルで出せる音なら何でも作れるメリットは大きい。
(フリーのソフトや素材ではイメージに合わないことも多かった)

・音の鳴らし方や加工の仕方を工夫すれば、オリジナリティのある素材が作れる
身近に面白い音が鳴るものがないか探し回る癖がついた。

・風や雨の音など、長めの環境音にも使える
うまく調整すればループする環境音も簡単に作成できる。

・利用規約などを気にしなくていい
オリジナル素材は気楽。


その他

作成した効果音はフリー素材として配布予定。
(配布サイト作成中)

スポンサーサイト

Tag:ゲームの作り方 Audition サウンド

0 Comments

Post a comment